パーソナリティ障害支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士、専属スタッフが家族の絆の再構築、本人の生きづらさの回復を支援します。

人格レベルの生きづらさとは

人格レベルの生きづらさとは?

人格レベルの生きづらさとは、自分の基礎の分部「わからない、不明瞭である」の傾向として語られるものです。

専門的には、アイデンティティ、中核自己、自我同一性と呼ばれるものですが、簡単に言えば、その人にとっての「基礎の部分」として当センターでは捉えています(下図)。

 

|十分なケアが大切

注目すべきは、人格レベルの生きづらさが十分にケアされない場合、表面的な症状や問題行動の根本的改善につながらないという点です。

パーソナリティ障害を取り巻く社会的資源や理解は、確かに20年前(当センター開設時)と比べて、大きな発展を遂げていることは事実です。しかし、「治療を受けても改善しない」という訴えが、全国各地から寄せられる現状があります。

それだけ「人格レベルの生きづらさ」に関する支援そのものが周知されていないということなのだと、当センターは危惧します。

当センターは、慢性的な生きづらさを抱えるお子さんに対して、「人格レベルの生きづらさ」を主眼に置いた支援を行い、お子さんの人格的成長(精神的おさなさの成長)と問題行動の改善を狙います。

事実、こうした介入効果は、問題行動の内容にかかわらず、最大2家族に1つの割合(62~44%で、その改善傾向を狙うことができています(当センター臨床データより)。

 

前のページに戻る

 

ホーム

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.