パーソナリティ障害(Personality Disorder)の施設入所、宿泊、心理相談、心理検査、親を責める子ども、家族対応、家庭内暴力、警察沙汰、暴言暴力、精神疾患入院の相談を提供します。

宿泊・心理支援センター

 

 


家庭内暴力、警察沙汰、隣人トラブル

発達障害、自傷他害、ひきこもり

精神疾患、パーソナリティ障害などで

お困りの方へ

 


ご本人の社会自立に向けた成長と

ご家族の安心・安全な暮らし

提供します。

 

0274-62-8826

9:00~20:00(年中無休)
全国対応

 

センター概要

パーソナリティ障害宿泊・心理支援センターは、ご本人とご家族の双方に、希望を持っていただける宿泊型の心理支援を行っています。

我々に出来ること

  • 病識のないお子さんの社会自立支援。
  • ご自宅からセンター入所までのご相談。
  • 入所後の家族支援。
  • お子さんの心理ケアと病院同伴。
  • 心の専門家(公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士)による心のケア。

 

回復事例(実績)

20代後半の息子さん

  • 【特徴】不安症、自信が持てない、些細な事でキレやすい。
  • 【症状】家庭内暴力が毎日絶えず、家庭崩壊寸前だった。
  • 【回復後】就労(生活訓練施設→心理ケア施設→アルバイト就労継続中)

20代後半の娘さん 

  • 【特徴】普段は明るい性格、自傷癖あり、自制があまりきかない。
  • 【症状】ホスト通い、性逸脱行為、浪費癖による借金の繰り返しで後がなかった。
  • 【回復後】就労し、ご結婚(精神科治療+心理ケア→家庭復帰→アルバイト→婚約)

50代の息子さん  

  • 【特徴】生真面目、神経質、やや思い込みの強さがある。
  • 【症状】ストーカー規制法の処遇(加害者)が下り、人生を悲観(自殺企図あり)。
  • 【回復後】正社員就労(警察、司法と連携+精神科治療+心理ケア→就労支援→正社員)

20代半ばの息子さん

  • 【特徴】発達障害を持ち、多動、集中力の欠如がある。
  • 【症状】周囲に理解されない苦しさから暴言、暴力が続いていた。
  • 【回復後】周囲の理解を得て、就労(精神科治療+心理ケア→福祉施設→技術職)

 

※当施設では医療機関ではありません。「精神科入院」「薬物治療」の医療行為は行っておりません。

子どもの家庭内暴力

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © 人格障害者施設・宿泊心理センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.