パーソナリティ障害(Personality Disorder)の精神科入院支援、宿泊心理ケアを提供します。

わが子はきっと変われる。

はじめに

入院・宿泊心理センターは、全てのお子さんが“変われる”ことを信じています。

なぜなら、お子さんの多くは、ちょっとした自分の中の「空回りしている部分」に気づくことで、日常の生きづらさの原因を理解したり、その対処方法を明確にしたりすることが可能になると考えているためです。

実際、問題行動を長期に抱えるお子さんや、パーソナリティ機能に“障害がある”(パーソナリティ障害など)と言われたお子さんでも、自分の中の空回りに気づくことで、「自分を苦しめていたものが分かる」「対処の仕方が分かる」といったことを実感していただけたことが、臨床データからも確認できます。※下図参照

自分を追い込んでいるお子さんたち

問題行動を繰り返すお子さんの多くは、無意識のうちに「自らを追い込んでしまう」ことが臨床データからわかっています。

それは、「被害妄想」という心の使い方であり、自分にとって脅威(被害)となるような「イメージや情報」ばかりを集めてはそれらを本気で心配し続ける傾向として理解できます。

※被害妄想の詳細は「おとなしかった子が、どうして?」「家族だけでは対応しきれないのは、なぜ?」をご参照ください。

被害妄想に支配されると、頭の中は嫌なイメージ(被害イメージ)で一杯になるので、それらを「何とかしなければ…」という心情(被害拡大に対する警戒心)も同時に駆り立てられてしまいます。

すると、被害拡大を止めようと意図するたびに、被害状況を確認しようと同じような情報ばかりを集めてしまい、かえって被害のイメージが大きくなってしまうのです。

つまり、現状の打開を図るたびに「自分を苦しめてしまう」という空回り現象が起きてしまうのです。

実際、こうした心の使い方を示すお子さんたちは、日常のちょっとした不快体験にも強烈な情緒的反応を体験しやすい傾向にあります。

また、自分の心身を傷つけたり、社会的立場を悪くしたりして他者に誤解されるような言動を繰り返すことが、当施設の臨床データから確認できます。

例えば、情緒障害と自傷他害行為の発生割合はいずれも同一群において有意に高いことが確認されます。

そこで当施設では、自分の中の空回り(被害妄想の影響)にお子さんが気づき、その対策をしっかりと立てることができれば、自分の力で空回りの発生に気づき、それを止めることも可能になると考えています。

そして、空回りによって無駄に費やされていた分のエネルギーを取り戻すことで、問題行動の発生を減らしたり、生活の質を向上させたりするなどの有益なエネルギーの活用が可能になると考えられます。

当施設の支援

入院・宿泊心理センターでは、前述の支援を行う具体的な方向性として、被害妄想がお子さんの中で「いつ」「どのように」して活性化しやすく、またその活性によって「どういった生きづらさ(苦しみ)」が生じているかを、お子さんと一緒に考えます。

もちろんそれだけではなく、空回りの発生に対する「気づく練習」と「そこから距離を置く練習」の両方のトレーニングも加えることで、自分の中の空回りに独力で対処できるようになるまでをお手伝いします。

※具体的方法は「セラピー紹介」をご参照ください。

実際、こうしたアプローチに基づくを支援効果は、多くのお子さんやそのご家族によって実感されております。

パーソナリティ機能は改善できる

問題行動を繰り返すお子さんの多くに、パーソナリティ機能(「感情調節の機能」「対人関係の機能」など)に“障害がある”と言われることは少なくありません。

しかし、それらは決して「治らない」「変わらない」「改善しない」といった類のものではございません。

むしろ、感情調節や対人関係の機能レベルは、常に変化する性質をもち、「機能する時」「機能しない時」の2つの状態が存在することを当施設では重視しています。

つまり、場所や相手によってはうまく機能する状態があるのです。

従って、大切なことは、お子さんのパーソナリティ機能が「上手く活用される時」と「そうでない時」の両方の要因を明確にし、各要因の対策を丁寧に立てることです。

特に、機能の活用を妨げる要因(被害妄想の影響など)に対しては、それが現れている時の「サインやプロセス」をしっかりと理解し、それに基づく独自の対策を立てることです。

これにより、それまで抑えられていた分の機能を活用できるようになり、全体としての機能レベルを改善させることが可能となります。

当施設は、お子さんの抱える問題がどのような内容であれ、その背景には被害妄想という「ちょっとした空回り現象」が関与していることを多くの臨床経験から学んでおります。

そして、その空回りに気づく練習、そこから抜け出すための練習に関する独自の支援プログラムも準備しております。

もし、お子さんの将来が「きっと変われる」「必ず立ち直れる」ものと強く信じていらっしゃるのであれば、一度、お問い合わせよりご連絡ください。

入院・宿泊心理センターは、ご家族の問題改善を本質的に支援します。

 

親(家族)の専用ページに戻る

ホーム

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.