パーソナリティ障害支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士、専属スタッフが家族の絆の再構築、本人の生きづらさの回復を支援します。

どんな困難なケースも見放さない。

当施設は、他の病院や相談機関などでは「対応が難しい」「治らない」などの理由で断られてしまったお子さんであろうと積極的に支援します。

なぜなら、お子さんの問題行動は、ちょっとした気づきによって改善する可能性をもっており、そのための支援を丁寧に行えば、最大2家族に1つくらいの割合で「自分を苦しめていたものがわかる」「対処の仕方がわかる」と実感してもらえることが、当施設の臨床データから確認されているためです。※下図参照

困難ケースの特徴

専門的支援につながりにくいケース群では、お子さんに同じような以下の傾向がみられます。

このような傾向があると、一般の支援機関や医療機関などではどうしても介入が難しくなり、また介入が可能となった時には、すでに危機的症状(保護の対象)の発現を許してしまうので、治療目的は症状の改善に留まってしまいます。

つまり、症状そのものをつくり出している「個人内の要因」(家族内要因を含む)までは支援が届かなくなり、根本的な解決とはならないために問題状況はどうしても繰り返されてしまうのです。

問題意識の低さが問題の本質である

当施設では、こうした傾向こそが「問題の本質」を表していると理解します。

特に、問題行動を繰り返しながらも「自分は悪くない」「自分の方が苦しめられている」などの訴えを示すお子さんは、もしかすると「被害妄想」という心(頭)の中のイメージに意識を奪われているのかもしれません。

これはつまり、本人が被害妄想していることに「気づいてない」ことを意味し、自らに対する「脅威や被害のリスク」を想定し、それらを本気で心配する傾向として理解できます。※下図参照

こうした考え方に支配されると、被害や脅威に関するイメージが無際限につくり出されるようになり、ちょっとした日常の不快体験(不機嫌)に対しても困難なイメージが暴走しやすくなります。

それだけでなく、困難なイメージはお子さんの気分を害し、その被害から逃れるための衝動的な言動(問題行動)を駆り立てたり、問題行動それ自体を「周りにそうさせられている」とした被害であると思い込ませたりもします。

※詳しくは「おとなしかった子が、どうして?」をご参照ください。

このようにして、頭の中の脅威イメージとそれに対する不適応な対処行動(問題行動)の間をぐるぐると空回りしてしまうのです。

被害妄想は多くの問題行動の中に潜んでいる

こうした心の使い方(被害妄想)は、多くの問題行動の中に潜んでいる傾向(併発傾向)が確認され、またそれらと密接な関係にあることも確認されます。※下図参照

パーソナリティ障害支援センターの支援

以上のことを踏まえ、当施設は被害妄想を主眼とした支援を提供します。

目標は、お子さんが「自力で被害妄想の影響(空回り)に気づき、それに対処できるようになる」ことです。

そのための支援として、被害妄想に対して以下のような練習を行っていきます。

  1. 被害妄想の影響から、生きづらさや不快体験がどう作られているか気づく練習
  2. 影響(空回り)から抜け出すための、被害妄想との距離の取り方の練習

※詳しくは「セラピー紹介」ページをご参照ください。

実際、当施設の研修効果は、お子さんの問題行動の種類や数を問わずに、多くのご家族に実感していただけた実績がございます。※冒頭のグラフより

研修の話をどう切り出せばいい?

研修につなげること自体が困難なご家族にとっては、「話をどう切り出したらいいか」という準備段階から課題を抱えます。

そこで、当施設では準備や対策を目的とした「事前プログラム」も提供しております。※下表参照

ご利用の方法は、ご来所後に一緒に研修の検討を行っていただく「来談型」となっております。

事前プログラム 概要
研修の検討
  • 料金 ¥30,000(税金)
  • 時間 1~2時間(各回)
  • 研修ニーズ、経緯
  • 空回りのメカニズム(親子共に巻き込まれている可能性)
  • 研修の説明(施設紹介、親御さんの心構えなど)
  • 研修効果やお子さんの改善程度の見立て
  • 研修につなげるための対策

 

ご両親の正直な気持ちが大切です

パーソナリティ障害支援センターの宿泊型研修をすでに検討されているご家族には、以下の点に留意されることをお勧めします。

それは、お子さんに研修の話を切り出す時のコツとして、「ご両親の正直なお気持ちを伝える」ことです。

研修の話を切り出すこと自体、双方に大きな不安や心配を与えるものです。

  • 「わが子がどんな反応をするか分からない」
  • 「怒らせてしまうのでは…」
  • 「もし研修がうまくいかなかったら、どうしよう…」

こういう時は、そうした気持ちをムリに隠す必要はありません。

むしろ「自分の正直な気持ち」としてそのまま認めながら、お子さんに伝えてあげることが役に立ちます。

たとえそれが、「厄介だ」などといったネガティブな感情だとしても、正直にさらけ出すことで、「問題と向き合いたい」「一緒に頑張りたい」という親側の姿勢をお子さんに示すことになり、少なくとも「逃げてはいない」というメッセージを伝えることにも役立ちます。

ただし、より具体的な対応については、当施設の支援・助言等を受けながら行っていただいたほうが確実ですし、失敗の可能性も低くなります。

もし、こうした研修情報が役に立つと思われるのであれば、一度、当施設までご連絡ください。

お母さん、お父さんの中にある「救ってあげたい」という気持ちを形にするお手伝いができるかと思います。

 

親(家族)の専用ページに戻る

ホーム

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.