パーソナリティ障害支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士、専属スタッフが家族の絆の再構築、本人の生きづらさの回復を支援します。

診断:パーソナリティ障害にもいろんなタイプがある

パーソナリティ障害には、いろんなタイプ(カテゴリー)があります。一般的には、8~10つのカテゴリーに分けて診断する場合が多いです。

というのも、パーソナリティ障害を含む「精神疾患」の診断ツールには、世界的に2つの早見表(診断マニュアル)が汎用されているためです(これだけではありませんが)。

2つの診断ツール(診断マニュアル)

1つは、アメリカ精神医学会(APA)の診断基準で「DSM」と呼ばれます(最新版はDSM-5:2013年刊行)。そして、もう1つは、世界保健機構(WHO)の診断基準で「ICD」と呼ばれます(最新版はICD-11:2018年公表)。

このうち、DSMでは10種類のタイプが、そしてICDでは8種類のタイプがあげられています。

10タイプのパーソナリティ障害とは

10タイプのパーソナリティ障害の詳細は下の通りです(DSM-5)。大きくは、3つに分類(群類)されています(これを「クラスター」と呼ぶこともあります)。

A群(奇妙で風変わりなタイプ) 特徴
妄想性パーソナリティ障害 不信感や猜疑心が強く、その範囲はいろんな場面や人物にあてはまる。
統合失調質パーソナリティ障害 非社交的で、独りを好むタイプ。他者への関心が乏しい特徴がある。
統合失調型パーソナリティ障害* 会話が風変わりで感情の幅が狭く、しばしば不適切な言動がある。
B群(感情的で移り気なタイプ) 特徴
境界性パーソナリティ障害 感情や対人関係の不安定さが特徴。衝動的な行動もある。
自己愛性パーソナリティ障害* 自己評価や自尊心についての敏感さ、執着行動が特徴。
反社会性パーソナリティ障害 反社会的(及び向こうみず)な行動がみられるのが特徴。
演技性パーソナリティ障害 周囲からの注目や視線を集めようとして、派手さがあるのが特徴。
C群(不安で内気な特徴) 特徴
依存性パーソナリティ障害 孤独を嫌い、他人に依存する生活を好むのが特徴。
強迫性パーソナリティ障害 融通が利かなく、こだわりが強いのが特徴。
回避性パーソナリティ障害 拒絶や失敗について、強烈な不安や緊張、怖さを感じやすいのが特徴。

表中の「」は、ICDには存在しない障害タイプです。

パーソナリティ障害群の共通の特徴としては、これらの特徴が発達早期(思春期~成人早期)にあわられ、それ以降も比較的に持続することです。
もっと詳しく知りたい方は、厚生労働省の情報サイト(病名から知る|こころの病気を知る)、日本精神神経学会の公式ホームページ(林直樹先生に「パーソナリティ障害」を訊く)をご覧ください。

パーソナリティ障害ひろばへ戻る

ホーム

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.