パーソナリティ障害支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士、専属スタッフが家族の絆の再構築、本人の生きづらさの回復を支援します。

自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害:Narcissistic Personality Disorder 

以下は、診断マニュアル(DSM⁻5)上の情報です。

診断

誇大性(空想または行動における)、賛美(称賛)されたい欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになります。以下のうち5つ(またはそれ以上)によって確認されます。

  1. 自分が重要であるという誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)。
  2. 限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
  3. 自分が”特別”であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達(または団体)だけが理解しうる、または関係があるべきだと信じている。
  4. 過剰な賛美(称賛)を求める。
  5. 特権意識(つまり、特別有利な取り計らい、または自分が期待すれば相手が自動的に従うことを理由もなく期待する)。
  6. 対人関係で相手を不当に利用する(すなわち、自分自身の目的を達成するために他人を利用する)。
  7. 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
  8. しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
  9. 尊大で傲慢な行動、又は態度。

特徴

自己愛性パーソナリティ障害をもつ人は、「自分が重要である」との感覚(誇大性)を基本特徴とします。

例えば、自分の能力を過大評価し(自分が優れている、才能がある、特別で独特だと考える)、業績や努力を誇張する言動としてあらわれ、しばしば自慢げで見栄を張っているかのように周りには映ります。

また、自己愛性パーソナリティ障害をもつ人は、自分の努力や能力を他の人も同じように評価してくれると思い込んでいるかもしれず、自分が期待してそれだけの価値があると感じていることに、賛美(称賛)が得られないと驚いたり、自分への賛美(称賛)や特別な扱いが”延び延び”になっていると繰り返して考えたり、さらには自分を有名であったり、特権をもった人物(団体)と好んで比較することもあります。

その反面、自尊心は非常に傷つきやすい特徴があります。こうした人達は、自分が「どれほどうまくやっているか」「他の人からいかによく思われるか」で頭の中がいっぱいになります。

自分の要求が満たされることを期待しますが、そうならなかったときには当惑する(乱れる)、激昂する(不機嫌になる)などの反応がみられます。例えば、気の利かない店員の”不作法”や”ばかさ加減”に不満を言い続けたり、不当に扱われた(バカにされた)と訴えたり、他者(専門家や管理・責任者)に対する恩着せがましい批判(一方的な正義)を与えることがあります

友人関係や恋愛関係においては、しばし、自分の目標や自尊心の高揚を助けてくれると思える人に限って、関係性を結ぶ傾向があります。

一方、自己愛性パーソナリティ障害をもつ人とかかわる人は、相手の情動的な冷たさ(自己中心的な考え)、相互的関心(共感性)の乏しさを感じることがあり、そのことに悩まされていることもあります。

自尊心の傷つきやすさ

自尊心は傷つきやすいために、自己愛性パーソナリティ障害をもつ人は、批判や挫折(恥と屈辱の感情)による”傷つき”に対して、非常に敏感になる傾向があります。

本人はそれを外に表さないかもしれませんが、その批判の内容はその人の脳裏を離れず、「恥をかいた」「面目を失った」「うつろで空しい」と感じ続けたりもします(詳しくは「人格レベルの生きづらさ」をご参照ください)。

そうした内面の考えから、自己愛性パーソナリティ障害をもつ人は、そのような対応をした人に対して、軽蔑したり、激怒(罵倒)したり、憤然として反撃したりすることがあります(これを「自己愛憤怒」と呼びます)。

そのような行動の後には、しばし他者からの批判や敗北(したかのような考え)に耐えられなくなり、活動を中断したり、社会的に引きこもったり、或は見かけ上謙虚になったりすることもあります。しかし、その行動は、その人の誇大性を覆い隠したり、身近な人からの保護を誘ったりするなど、適切な診断と治療(支援)の機会を遅らせる要因にもつながります。

自己愛性パーソナリティ障害の性差は、診断を有する人のうち、50~75%が男性とされます。

 

パーソナリティ障害ひろばへ戻る

 

ホーム

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.