パーソナリティ障害支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士及び専属スタッフが家族の絆の再構築、ご本人の生きづらさの回復を支援します。

困っているときは、どこに相談したらいい?

困っているときは、まず地元の相談機関にご相談しては、いかがでしょう。

全国の各都道府県には、精神保健福祉センターという公的機関が存在します(必置機関です)。お住い地域によっては、「こころの健康センター」と呼ばれる場所もあります。

こころの健康センターとは

こころの健康センターとは、いろんな相談内容に応じてくれる公的機関のことです。

例えば、「こころの健康」についての相談はもちろん、「精神科医療や治療」についての相談、さらには「社会復帰の相談」「アルコール・薬物依存症の家族の相談」「ひきこもりなど思春期・青年期問題」の相談、「認知症高齢者相談」など、いろんな相談内容(主に精神保健福祉全般にわたる相談)に応じてくれます。

また利用方法は、電話や面接で相談できます。

力強いことに、各センターには、医師、看護師、保健師、精神保健福祉士、臨床心理技術者、作業療法士などの専門職もいます(各センターの規模にもよります)。

ほかにも、センター主催で、デイケアや家族会の運営など事業を行っている場合もあります(各センターによって事業内容が異なります)。

困っているときは、まず直接電話するか、ホームページなどで情報を確認するとよいでしょう!

全国精神保健福祉センターの一覧はこちら▼

パーソナリティ障害ひろばへ戻る

ホーム

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.