パーソナリティ障害(Personality Disorder)の精神科入院支援、宿泊心理ケアを提供します。

回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害:Avoidant Personality Disorder。

以下は、診断マニュアル(DSM⁻5)上の情報です。

診断

社会的抑制、不全感、および否定的評価に対する過敏性の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになります。以下のうち4つ(またはそれ以上)によって示されます。

  1. 批判、非難、または拒絶に対する恐怖のために、重要な対人接触のある職業的活動を避ける。
  2. 好かれていると確信できなければ、人と関係をもちたがらない。
  3. 恥をかかされる、または嘲笑されることを恐れるために、親密な関係のなかでも遠慮を示す。
  4. 社会的な状況では、批判される、または拒絶されることに心がとらわれている。
  5. 不全感野ために、新しい対人関係状況で抑制が起こる。
  6. 自分は社会的に不適切である、人間として長所がない、または他の人より劣っていると思っている。
  7. 恥ずかしいことになるかもしれないという理由で、個人的な危険をおかすこと、または何か新しい活動にとりかかることに、異常なほど引っ込み思案である。

特徴

回避性パーソナリティ障害の基本特徴は、批判や非難、または拒絶に対する恐怖や不安です。

回避性パーソナリティ障害をもつ人は、他人から好かれていることや、批判されずに受け入れられていることが確信できない限り、新しい友人を作ろうとしなかったり(親密な人間関係を避ける)、集団活動に参加しなかったり(引きこもったり)します。

一方、批判なしで受け入れてもらえる人との間では、親密な人間関係をもつことができますが、それでも嘲笑されたり(バカにされたり)、恥をかかされたり、非難されたりすることを恐れるために、行動を抑制したり、自分自身のことを話すのをためらったり、親しい気持ちを控えたりします。

回避性パーソナリティ障害をもつ人は、批判されたり拒絶されたりすることに心が囚われています。ですから、もし誰かがわずかに非難や批判をしたとしても、とても傷つけられたと感じるかもしれません。また、注目の浴びる状況になると、自尊心を傷つけられたり拒絶されたりするだろうと怖れて、過剰に内気で引っ込み思案であったり(感情の抑制的で)、目立たないようにするかもしれません。

とは言え、回避性パーソナリティ障害をもつ人は、社交的な生活を望まない訳ではなく、積極的に参加したいと望んでいます。でも、人間関係に確実性と安全性(愛情と受容)を強く望むことから、生活様式が限定されているかもしれません。

◆他の障害との合併症

回避性パーソナリティ障害は、他の精神疾患やパーソナイティ障害との合併症がよくみられます。診断マニュアルでも、もし、回避性パーソナリティ障害に加えて1つまたはそれ以上のパーソナリティ障害の基準を満たす場合には、それらすべての診断を下すことができると記されています。

特に、社交不安症(社交恐怖症)との合併例は多く、両者は、同じまたは類似の疾患を違ったかたちで表している(概念化する)可能性があるとも記されます。

このほか、他のパーソナリティ障害との合併例では、依存性パーソナリティ障害、シゾイドパーソナリティ障害、統合失調型パーソナリティ障害、妄想性パーソナリティ障害、境界性パーソナリティ障害との合併がみられます。

社会には、回避性パーソナリティ障害の「特性」をもつ人は多くいます。ですが、その特性に柔軟性がなく、非適応的でかつ持続的で、著しい機能障害または主観的な苦痛を引き起こしている場合にのみ、回避性パーソナリティ障害であると診断されます。

 

パーソナリティ障害ひろばへ戻る

ホーム

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.