パーソナリティ障害支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士及び専属スタッフが家族の絆の再構築、ご本人の生きづらさの回復を支援します。

パーソナリティ障害は「性格の悪さ」ではない

パーソナリティ障害は、「性格の悪さ」「品格や人格の劣り」などを意味しているわけでは決してありません。

正しくは、「パーソナリティ機能」における障害の意味であり、これは世界的に使われる「診断基準」(アメリカ精神医学会刊行の最新版『DSM-5』)において明確に定義されているものです。

ちなみに、「パーソナリティ機能」とは、その人の幅広い言動パターン(内面体験も含む)を表すものとして、以下のような項目でチェックされます。

認知=もののとらえ方や考え方。
感情=気持ちの変化や敏感さ、不安定さ。
衝動のコントロール=危険や不利益な行動を回避したり、制御する力。
対人関係=親密で持続的な関係づくり。

このように、パーソナリティ障害の語源とは、本来こうしたパーソナリティ機能における「障害」を意味しており、それが著しく偏ったり、さらには偏りのあることで本人や周囲が困る場合に限って、診断が下される精神疾患です。
ですかので、「性格や人格が悪い」=パーソナリティ障害を意味している訳ではありません。

診断基準(DSM-5)では、以下の定義でパーソナリティ障害が明記されています;
”その人が属する文化から期待されるものから著しく偏り、広範囲でかつ柔軟性がなく、青年期または成人期早期に始まり、長期にわたりかわることなく、苦痛または障害を引き起こす内的体験および行動の持続的パターンである。

もう少し知りたい方は、厚生労働省の情報サイトもご覧ください(病名から知る|こころの病気を知る)。

パーソナリティ障害ひろばに戻る

ホーム

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.