パーソナリティ障害・宿泊心理センターでは、日々、家族の抱える様々な悩みに寄り添い、親と子が無理なく生活できるようになるための支援を行っています。

 

子どもの問題行動、特に精神疾患によるものや、行動障害(または強度行動障害)を持っていると診断された子どもを抱えた親御さんの苦労には、想像を絶するものがあります。

 

それを物語るかのように、ずっと責任を持って家族を支えてこられた親御さんほど、がんばりすぎて満身創痍になっている姿をよく目の当たりにします。

 

私たちはそんな方々にこそ、いち早く支援へとつながっていただきたいと常々考えております。

 

そして、これ以上の心労を重ねなくても済むよう、施設に入所中はもちろん、退所された後の再発防止対策も講じています。

 

当施設では長年の臨床経験から、他の病院や自立支援施設への入所とは違った独自の支援方法へと辿り着きました。

 

その最も特徴的な部分は、「支援者(私たち)と入所者(お子さん)の共同生活」という点です。

 

この共同生活には大きなメリットがあると同時に、一部デメリットが伴います。

 

私たちが行っているこのやり方は、そのデメリットのせいで業界内ではあまり推奨されていないやり方という認識です。

 

そのデメリットを考慮した上で、私たちはこの方法のメリットである「大きな再発防止効果」に注目しています。

 

今回は、支援者が入所者と生活を共にするという支援方法が、どのように問題の再発防止につながるかについてご説明したいと思います。

 

 

演じて終わる

まず、入院や入所させることによる家族側のメリットの一つとして、子どもを預けることによる親の負担軽減があります。

 

これだけなら、どこに預けても同じ効果が得られることは間違いありません。

 

しかし、中にはとても複雑な家庭環境や精神疾患を持った子ども、行動障害を持った子どもを支えているご家族がおり、そういった方ほどなかなか条件に合った病院や施設が見つからないものです。

 

そういった方々は口を揃えて、「受け入れを断られてしまった」、「たらい回しにされてしまった」などと訴えられます。

 

なぜなら、困難な悩みや問題を抱えたご家族を根本からケアするとなると、支援者(治療者)にも相応の知識と経験が必要とされ、負担やリスクなどが伴うためです。

 

通常の入院や施設入所等において、利用者(子)は住み込み(宿泊)でケアを受けますが、支援者は必要のある時以外は一定の距離を置き、かかわりを持ちません。

 

これには理由があり、利用者との距離が近づくほど情によって倫理や守秘の観点での問題が起こりやすくなる懸念(リスク)と、支援者の心身の負担増が挙げられます。

 

ですが、このようなやり方によって利用者が置かれる環境はあくまで非日常であり、その中では「愛情」「ぬくもり」といったものは得難いのが現実です。

 

こうした環境下にある子どもたちは、冷めた感情を抱き、退院・退所する頃までは「良い子」を演じ、家に帰った途端また以前のように戻ってしまいます。

 

やはり、真の意味で再発防止を考えるのであれば、疑似的ではない、より日常に近い環境でリアリティのある家族体験を通して与えられる「愛情」「ぬくもり」が必要とされるのです。

 

家族の絆のために

利用者と支援者が共同生活をしたとしても、家族と同レベルの絆(信頼関係)を築くことは容易ではありません。

 

当のご家族がたくさんの苦労を重ねて築かれるであろう絆を、他人である私たちが作り上げるには、やはり相応の時間と努力を要するのです。

 

私たち支援者も覚悟を決め、身を削るような思いをしながら、それでも辛抱強くかかわり続けて信頼関係を築いていきます。

 

共同生活と言っても、それぞれに個室は用意されていてプライバシーは確保されています。

 

例えば、日中などは共同スペースで一緒に雑談をしたりTVを観ながら過ごしたり、食堂で食卓を囲んで食事をしたりします。

 

他にも、セラピーなどで一緒に運動したり、歌ったり、楽器を演奏したり、共に笑い、共に喜びを分かち合ったりしています。

 

この方法のリスクとしてよく言われている「倫理問題」や「守秘問題」に関しては、スタッフ全員に指導徹底し、絶対厳守するという制約のもと、対策を講じています(厳罰、懲戒解雇等)。

 

さらに当施設では、各スタッフに全く違う役割を割り当てることで、それぞれに特化した専門家として、場面ごとに信頼の置ける立場をそれぞれが獲得しています。

 

これにより、精神疾患や行動障害に特有の「問題が発生する周囲や環境の働きかけ」を観察し、必要な時に必要な助けが行える環境を作り上げています。

 

余談ですが、こうしてお預かりしたお子さんの対応をしていて常々私たちが感じることは、親御さんがこれまでに重ねてきた苦労の大きさです。

 

「こんなに大変なことを今までずっと続けてこられたのか…」

「子どものためにどれだけ血のにじむような努力をされてきたのか…」

 

このような思いを馳せることもしばしばあります。

 

そんな親御さんたちの苦労を労う意味もかねて、相談の場で私たちは「よくがんばってこられましたね」と声をかけることがあります。

 

同時に、私たちの臨床経験より「家族としての役割」「子どもとのかかわり方」、「子どもの気持ち」などをアドバイスさせていただいています。

 

いずれ、また子どもが元気になって家に帰ってきた後も、今度は親が無理をしなくても済むような良好な家庭環境を維持していく上で、それらのアドバイスはきっと役に立ってくれるはずです。

 

重い精神疾患や行動障害などを抱えた子どもの場合は、家に帰った後も気を抜くことはできないかもしれません。

 

その場合も、都度施設と連絡を取り合ってアドバイスさせていただくことも可能です。

 

当施設では、家族がまた以前の穏やかだった生活を取り戻せるよう、子どもには精いっぱいの愛情ぬくもりを、そして親御さんには労いの言葉助言を送り続けています。

 

このような支援の在り方に関心を持たれましたら、家族だけで悩まれる前に、ぜひ一度当施設へご相談ください。

 

※関連記事「宿泊支援って、どういう内容?」

※関連記事「子どもがセンター生活に”なじめるか”心配でたまらない」