皆さん、こんにちは。

シリーズブログの第一部「小さな気づきで全てが変わる~Small changes make
a big difference」33回目になります。

今回は、当時17歳だった女性(診断名は境界性パーソナリティ障害)の症状について、参考までにご紹介して参ります。
※個人が特定されないように一部内容を修正しています。

ある境界性パーソナリティの女性の話

彼女は高校時代、学校という集団の中になじめず、不登校になってしまいました。

集団の中に入ることに対しての不安が強く、次第に不登校になっていってしまったそうです。

やがて、「みんなが自分を嫌っている」とか、「自分はこの世にいらない人間だ!」などと泣いて叫び、母親に当たり散らし、暴力が頻繁に起こるようになりました。

リストカットは月に1回から2回はあり、傷つけすぎた左腕の手首はケロイド状になっていました。

また、少しわがままな面もあり、自分の欲しいものはどんなに高いものでも買うことを要求するのですが、もしそれが拒否されると窓ガラスや食器類といった割れそうなものに当たり散らし、ことごとく壊していました。

このような激しい暴言・暴力がない時には概して無気力で、虚無感が強い状態でした。

また、友人から電話がかかってくると、人が変わったように立派に対応するというのも彼女の特徴でした。

この様になる前はきわめておとなしく真面目であり、母親に実にかわいがられ、仲の良い親子関係にありました。

彼女のようにパーソナリティ障害者の多くは、幼少期から学童期の頃は、実に素直で聞き分けもよく成績優秀な、いわゆる「良い子」が多いのが特徴です。

その後、高校を中退した彼女は実家から少し離れた町の受験校に入りましたが、そこでもなじめないという理由から、一挙にこのような破壊的ないし衝動的な人間に変貌してしまったのです。

病院でのカウンセリングでは、「自分でも自分が大嫌いなのですから、人に嫌われても仕方がないですね。生きている実感がまったくないし、自分と言う人間がわからない…」と、しんみり訴えていたと言います。

しかし、母親が家での実際の衝動的な行動を指摘すると、瞬く間に激しい怒りを表し、「お母さんは黙っていてよ!人のことにいちいち口を出さないでよ!そもそもこうなったのは育て方が悪かったからだよ!」と、時には母親を殴ったり蹴ったりしていました。

また、主治医に対しても気に入らないことがあると急に怒りの発作を示し、「医者だからって威張るんじゃない!ヤブ医者のくせに!」と、日頃の態度からは全く予想もつかない言動が見られ、その場で化粧道具を壁にぶつけ、ガラスの破片が散らばるといったこともあったそうです。

さらに服薬自殺未遂(OD)はすでに4~5回におよび、時にはお腹に刃物を刺したりもしますが、自立心が乏しく、母親への甘えが強いので、いつも母親に見捨てられることを恐れていました。

耐えがたい寂しさ

この様にパーソナリティ障害の中でも、境界性パーソナリティ障害は気分の変化が目まぐるしく、それに伴い周囲の評価も「敵」と「味方」とで激しく入れ替わり、怒りが他責にむけば暴力、自分に向けば自傷行為になってしまうという特徴を持っています。

その根底には「耐えがたい寂しさ」というものを抱いていて、人は必ず自分を見捨てるはずだと思い込んでいるのです。

統計データこそ出してはいませんが、当センターではこういった方たちが、少なからず安心感を抱き始め、「自分はそう捨てたもんじゃないな」と思えるようになり、親に対する罪悪感や憎しみ、恐怖や不安感が軽減し、彼らが一番苦手とする平凡な一日と安定した関係性が築けるようになっているのは確かです。