パーソナリティ障害を支援する専門機関です。
ブログ

体験者の言葉

本当はもっと親に認めてもらいたかった

皆さん、こんにちは。 今回はパーソナリティ障害支援センターの体験者の言葉をご紹介させていただきます。 体験者の言葉「気づき」 『パーソナリティ障害のカウンセリング(語り合い)をたくさん行ってきたことで、親にも限界があることや、親なりにベストを尽くしていることが分かりました。 以前は、「不十分な親」、... 続きを読む

Q. パーソナリティ障害者から見える社会のイメージとは?

  パーソナリティ障害者から見える社会のイメージとは? パーソナリティ障害者から見える社会のイメージとは、「とてつも大きく、そして厳しい場所」のような印象を持たれているようです(ご本人たちの声より)。 それは、「(自分が)社会に受け入れてもらえない」の思いを人一倍強く信じている事の表れか... 続きを読む

自信が持てない人へのメッセージ

皆さん、こんにちは。日毎に寒さを感じる季節となって参りましたが、パーソナリティ障害支援センターの研修生達は今日も自分と向き合いながら日々を過ごしています。 我々スタッフはサポートという立場上、身近で研修生達を見守り、その成長に触れて共に様々な経験を積ませて頂いております。  今回は、本人の許可も頂き... 続きを読む

宿泊支援で得た自立への道

皆さん、こんにちは。 先日、卒業生Aさん(30歳代女性)が、久しぶりにセンターを訪問され、入所当時の心理面について語ってくれました。 Aさんは、自傷行為の常習で、何度も入退院を繰り返した後、親(父)の決断で数年前に当センターに入所された方です。 本人の同意を得たうえで、Aさんが語ってくださった内容を... 続きを読む

卒業生からの言葉

皆さん、こんにちは。 今回は、ある卒業生からの言葉をご紹介したいと思います。 今回登場していただく卒業生は、センター入所当時20代の女性Oさんという方です。 Oさんは、センターに入所する以前は、数々の医療機関への入退院を繰り返してきました。当時の診断名は「統合失調症」でした。 Oさんは、なぜ入退院を... 続きを読む

1 2 3 4 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.