パーソナリティ障害支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士及び専属スタッフが家族の絆の再構築、ご本人の生きづらさの回復を支援します。
ブログ

人格障害

Q. 娘がパーソナリティ障害で、孫の面倒をみた方がよいか悩んでいる。

娘がパーソナリティ障害で、孫の面倒をみた方がよいか悩んでいる。 娘さんがパーソナリティ障害で、孫(娘の子ども)の面倒を親(祖父母)側でみた方がよいか悩まれている場合ですが、その援助を前向きに検討されることは娘さんの安心につながる場合が少なくありません。積極的にそれを検討していただければと思います... 続きを読む

完璧主義からの行動原理と心理

皆さん、こんにちは。 佐藤矢市先生の「パーソナリティ障害の回復には決断と見守る連携が必要」シリーズ第2回目となります。 今回は、ご相談いただいた内容の中から、完璧主義をお持ちの方々が比較的多く悩んでいらっしゃる問題行動について解説して参ります。 完璧主義者の問題行動 完璧主義の方に共通していることは... 続きを読む

Q. 婿がパーソナリティ障害と思われるが、娘にどう接したらよい?

婿がパーソナリティ障害と思われるが、娘にどう接したらよい? お婿さん(娘さんの夫)がパーソナリティ障害と思われる際の対応については、「お嫁さんがパーソナリティ障害と思われる際の対応」と同じです。 その基本は、義理親による「口出し、手出しには限界がある」ことを理解しつつ、娘さんの気持ちに沿った援助に... 続きを読む

回復には、長く見守る時間と気づく環境、信じる家族と協力機関が必要

皆さん、こんにちは。 今回より佐藤矢市先生の「パーソナリティ障害の回復には決断と見守る連携が必要」をテーマにシリーズ展開して参ります。 第1回目は、パーソナリティ障害支援センターにおける回復のプロセスをご紹介して参ります。 回復までの過程が知りたい当事者たち パーソナリティ障害支援センターでは、これ... 続きを読む

Q. わが子は病識が低いですが、どう接したらいいですか?

  わが子は病識が低いですが、どう接したらいいですか? 病識の低いというのは、「別の問題を訴えている」可能性があるのかもしれません。親子間で「問題の認識」が異なることは珍しくはありません。 特に、パーソナリティ機能や生きづらさの悩みというのは、周囲に見えづらいもので、また伝えづらいもので... 続きを読む

« 1 19 20 21 27 »
PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.