パーソナリティ障害の家族支援を行う専門機関です。
ブログ

人格障害

強迫性パーソナリティ障害

皆さん、こんにちは。 今回は、パーソナリティ障害の中でも、頑固屋でなかなか融通が利かず、完璧主義が強い「強迫性パーソナリティ障害」について佐藤矢市先生よりご紹介させていただきます。 このタイプは、自傷行為などの破壊的行動はあまり見られず、むしろ決められたルールを淡々とこなしていこうとするタイプです。... 続きを読む

Q. パーソナリティ障害者に問題行動が伴うのは、どうして?

  パーソナリティ障害者に問題行動が伴うのは、どうして?   パーソナリティ障害者に問題行動が伴うのは、それだけ内面の葛藤が大きいからではないでしょうか。内面の葛藤とは、人格深部(或は全体)を揺さぶるほどの体験であり、その影響が、全身(行動、感情、身体の全域)にまで波及しやす... 続きを読む

Q. 家族が、気持ちを整理できないときは?

  家族が、気持ちを整理できないときは?   パーソナリティ障害のお子さん(家族メンバー)と向き合っていると、ご家族や周囲の方の心の中にも複雑な想いが生じてくるものです。そんな時は、独りで抱え込まずに専門家や話せる人に気持ちや事情を相談してしださい。 パーソナリティ障害者との交... 続きを読む

Q. 家族はどこに(誰に)相談できますか?

  家族はどこに(誰に)相談できますか? パーソナリティ障害のご相談は、地元の医療機関(精神保健福祉センターを含む)がその基本になるでしょう。それは、お子さんの多様な症状の出現に対して、お薬(精神科治療など)の力を必要とする場合もあるからですし、また横のつながりとして、パーソナリティ障害の... 続きを読む

境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン)

皆さん、こんにちは。 今回は、10タイプあるパーソナリティ障害の内、「境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン)」について、その概要を佐藤矢市先生よりご説明させていただきます。 概要 境界性パーソナリティ障害は、ここ30年ほど、臨床の現場で急増し、最近では一般にもよく知られるようになったタイプの人格... 続きを読む

1 2 3 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.