パーソナリティ障害支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士及び専属スタッフが家族の絆の再構築、ご本人の生きづらさの回復を支援します。
ブログ

Q. わが子は病識が低いですが、どう接したらいいですか?

  わが子は病識が低いですが、どう接したらいいですか? 病識の低いというのは、「別の問題を訴えている」可能性があるのかもしれません。親子間で「問題の認識」が異なることは珍しくはありません。 特に、パーソナリティ機能や生きづらさの悩みというのは、周囲に見えづらいもので、また伝えづらいもので... 続きを読む

PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.