パーソナリティ障害を支援する専門機関です。
ブログ

人格障害

Q. 婿がパーソナリティ障害と思われるが、娘にどう接したらよい?

婿がパーソナリティ障害と思われるが、娘にどう接したらよい? お婿さん(娘さんの夫)がパーソナリティ障害と思われる際の対応については、「お嫁さんがパーソナリティ障害と思われる際の対応」と同じです。 その基本は、義理親による「口出し、手出しには限界がある」ことを理解しつつ、娘さんの気持ちに沿った援助に... 続きを読む

回復には、長く見守る時間と気づく環境、信じる家族と協力機関が必要

皆さん、こんにちは。 今回より佐藤矢市先生の「パーソナリティ障害の回復には決断と見守る連携が必要」をテーマにシリーズ展開して参ります。 第1回目は、パーソナリティ障害支援センターにおける回復のプロセスをご紹介して参ります。 回復までの過程が知りたい当事者たち パーソナリティ障害支援センターでは、これ... 続きを読む

Q. わが子は病識が低いですが、どう接したらいいですか?

  わが子は病識が低いですが、どう接したらいいですか? 病識の低いというのは、「別の問題を訴えている」可能性があるのかもしれません。親子間で「問題の認識」が異なることは珍しくはありません。 特に、パーソナリティ機能や生きづらさの悩みというのは、周囲に見えづらいもので、また伝えづらいもので... 続きを読む

医療機関は、どう活用すればいい?

心の悩みや不調があっても、それを他の人に伝えるのは容易なことではありません。たとえ相手が専門家であっても、同じことでしょう。 そこで今回は、病院やクリニックなど、医療機関を利用する際、上手に利用するコツを2つほどご紹介します。 ◆どんな専門サービスがあるか、まず把握しよう! 1つ目のコツは、その病院... 続きを読む

本当はもっと親に認めてもらいたかった

皆さん、こんにちは。 今回はパーソナリティ障害支援センターの体験者の言葉をご紹介させていただきます。 体験者の言葉「気づき」 『パーソナリティ障害のカウンセリング(語り合い)をたくさん行ってきたことで、親にも限界があることや、親なりにベストを尽くしていることが分かりました。 以前は、「不十分な親」、... 続きを読む

« 1 2 3 4 9 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.