皆さん、こんにちは。

当施設は開設当初より、他の精神科病院や自立支援施設などで受け入れを拒まれてしまったようなご家族を積極的に受け入れてきました。

実際に受け入れを拒否されたり、入院までずっと待たされてしまったご家族から、その当時の辛い体験談をお伺いしたことがあります。

  • 家族の苦しみは無限に続くものと思われ、想像を絶する家族危機(崩壊)を迎えた。
  • 患者の尊厳ばかりが第一優先にされ、家族に対して厳しすぎるような印象を受けた。
  • 「先生の指示があるまでは」の一点張りで、入院までの長い間、苦しい思いをした。
  • 境界性パーソナリティ障害と告げると、受け入れ拒否が続き、たらい回しにされた。

このように、苦しい思いを続けてきたご家族が本当に多かったように感じます。

そこで、当施設の専門領域であるPDに焦点を当てて、「受け入れや入院が難しい実情」を、2つのパターンに分けて解説してみたいと思います。

PD…Personality Disorder(パーソナリティ障害)

当事者に病識がない

まず最初に挙げられるものが、家族が抱える悩みの根源である当事者(本人)に「病気という認識がない」というパターンがあります。

PD患者にも多く見られる特徴である、「当事者(本人)には自分が病気であるという自覚を持ちたがらない」というもので、むしろ周囲の人間こそがおかしいといった被害妄想めいた認識を持っているため、病院や相談窓口、投薬などをすすめたところで到底受け入れることができず、逆に感情を逆なでしてしまい暴言や暴力へと発展してしまうことが多々あります。

こうした状況下におけるご家族の心労は計り知れず、何をやっても裏目に出てしまい、いくら手を尽くしても病院や施設へ連れていく事さえ困難な状態で、八方ふさがりであることがほとんどです。

最も有効な解決方法としては、そういった困難事例にこそ取り合ってくれる専門家を探し当てて協力を仰ぐことでしょう。

ご家族には当事者(本人)と物理的に距離を取ってもらい(精神科入院や施設入所など)、双方の心理的なケアと並行して回復に向けた支援を受けていただくことで希望が見えて来るはずです

しかし、非常に残念なことに国内ではそうした専門家の絶対数が少ないために、支援にたどり着けないご家族がたくさん居るという現実があります。

症状が対処困難

次に挙げられるのが、「当事者の症状が非常に対処(支援)困難」というパターンです。

PD患者の中でもとくにボーダーライン(境界性パーソナリティ障害)を抱えているとなると、聞いただけで受け入れを渋られてしまったなどというお話もあるくらいです。

理由は単純明快で、医者や専門家ですら対応が困難で大変だからなのです。

仮に重篤な症状を抱えた当事者の受け入れをしたとして、精神科病院などでは「特に問題行動のある患者」に対しては、興奮や錯乱状態を抑えるために強い薬を投薬せざるを得ない場合も度々あると聞きます。

ですが、そうした投薬は次第に患者の「感情鈍麻」「薬依存」という怖い副作用を起こす恐れがあり、投薬を判断する側もなるべく取りたくないであろう緊急手段に頼らざるを得ないということなのでしょう。

精神科病院ですら手を焼かれるレベルの困難な症状を抱えた患者と、自宅で家族と一緒に過ごすということがどれだけ壮絶になるかは想像に難くないと思います。

受け入れ側も、自分たちの手に負えないと判断された場合は無責任に受け入れるわけにもいかないので、拒否するという現実があるようなのです。

当施設の姿勢

当施設がPDや困難事例を受け入れ、問題に積極的に介入しサポートている理由の背景には、専門家が少ないという事実に対する危惧や、受け入れを拒まれて苦しんでいるご家族を一刻も早く助けたいという願いがあります。

そして、全国の悩めるご家族に伝えたいもう一つの事実として、当施設の臨床経験からも決して社会復帰や回復が不可能でないということが証明されています。

当施設は、まだまだ知名度の低いこの領域の数少ない専門家として、広く世間に認知してもらえるよう日々情報発信を続けています。

今も苦しんで、困っているであろうご家族と当事者に早く支援につながっていただき、要望に沿えるような支援が提供できるよう新たな試みも始めました。

その一環として、当施設が各種医療機関や精神科移送業者と提携して行っている精神科病院への入院支援を開始しました。

希望されるご家族には、病院探しの相談、その間の一時預かり、退院後の帰住先、その後の当事者とご家族を含めた心理ケアといった支援サービスをご提供しています。

今後も、より多くの必要とされる方に支援が行き渡るよう努めて参ります。

関連ブログ記事「専門家が少ないのはなぜなのか?」

関連ブログ記事「入院治療との違い」