パーソナリティ障害支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士、専属スタッフが家族の絆の再構築、本人の生きづらさの回復を支援します。
ブログ

家族の対応

Q. 家族が気をつけることはありますか?

  家族が気をつけることはありますか? パーソナリティ障害をもつお子さんを支える上で、ご家族に気をつけていただきたいことは、「ムリをしないこと」です。それは、ご自分の気持ちを素直に認めていただくこと、日頃の自分の努力や頑張りを家族メンバー間でねぎらっていただくことでもあります。 どうし... 続きを読む

Q. 家族が、気持ちを整理できないときは?

  家族が、気持ちを整理できないときは?   パーソナリティ障害のお子さん(家族メンバー)と向き合っていると、ご家族や周囲の方の心の中にも複雑な想いが生じてくるものです。そんな時は、独りで抱え込まずに専門家や話せる人に気持ちや事情を相談してしださい。 パーソナリティ障害者との交... 続きを読む

Q. 家族はどこに(誰に)相談できますか?

  家族はどこに(誰に)相談できますか? パーソナリティ障害のご相談は、地元の医療機関(精神保健福祉センターを含む)がその基本になるでしょう。それは、お子さんの多様な症状の出現に対して、お薬(精神科治療など)の力を必要とする場合もあるからですし、また横のつながりとして、パーソナリティ障害の... 続きを読む

覚悟を持っている親御さんの傾向

皆さん、こんにちは。 私は20年以上にも渡り、パーソナリティ障害を専門として日々心理臨床に励んでいますが、これまでに本当にたくさんの親御さんにお会いする機会がありました。 もちろん、我が子が何かしらの問題をもっている状態で相談にお越しになるわけですが、その多くは我が子の将来を真剣に想い、「何とかした... 続きを読む

子どもの不始末の尻拭いをやめる

皆さん、こんにちは。 パーソナリティ障害者の中には、様々な問題行動を繰り返し、その後始末を家族や配偶者に肩代わりしてもらうというケースが少なくありません。 例えば、家庭内では、過食症の娘が、嘔吐でトイレを詰まらせてしまったり、家庭内暴力で家中の窓ガラスを割ってしまったり、家庭外では、公道で大声で怒鳴... 続きを読む

« 1 6 7 8
PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.