皆さん、こんにちは。

「家庭内暴力」と聞くと、夫から妻へ、親から子供へといった内容が多いと思われるかもしれませんが、子どもから親への暴力も決して少ないものではありません。

しかもその件数は年々増加の一途を辿っています。

そういったご家庭に実際に話を伺ってみると、その問題の大きさは実際に親御さんが感じているよりもずっと重く、緊急性のある場合がほとんどでした。

暴力というものはどんどんエスカレートしていくものなので、原因を悠長に探っていたり、世間体を気にして対応に足踏みしていたりすると、取り返しのつかない事態へと発展しかねないというリスクがあります。

今回は私たち専門家の目線から、対処法などについて解説して参りたいと思います。

一時避難

原因探しよりも一刻も早く試して欲しいことの一つに、「一時避難」というものがあります。

暴力を振るっている側、もしくは受けている側のどちらかが、その家から物理的に距離を置くという対処法です。

もちろん、その場しのぎな対処法ですので、問題の根本が解決できるわけではありません。

ですが、取り返しのつかない怪我を負ってしまうなど、「もしも」の場合を回避できたり、暴力がエスカレートしたりすることは防げます

そして、避難している間に行政や専門機関などに相談し、今後の段取りを取るための猶予が生まれるのです。

入院やカウンセリング治療をすすめるにあたって

おそらく避けて通れないものが、(暴力を振るっている本人に対して)精神科入院やカウンセリングなどをすすめることです。

最大にして最初の難関と言ってもいいかもしれません。

「どうやったら説得できるのか」「そもそも応じてくれるのか」という疑問はあると思いますが、そこで専門家の出番というわけです。

実は、行政が対応してくれるものは「配偶者暴力(DV)」、もしくは「親から子に対しての暴力」の場合がほとんどで、「子どもから親への暴力」の場合は家庭内でどうにかしてください。と言われてしまうことも多々あります。

ましてパーソナリティ障害を持っているお子さんであれば、警察や相談窓口に頼ったところで、態度をコロっと変えたわが子に平静を装われて、問題として扱ってもらえないことがあります。

そうならないためにも、民間の救急移送サービス(精神科移送)会社や、私たちのような専門機関に相談することをおすすめします。

当センターでの対応

当センターでは、民間救急移送サービス会社「Rサポート」と業務提携しており、精神科入院前後の一時預かり(短期入所)サービスを承っております。

このサービスは、「精神科入院を考えているが、受け入れ先がすぐに見つからない方」や、「精神科退院後の帰宅までの準備期間が必要な方」などのために、短期間の待機場所として受け入れを行っているものです。

その預かり期間内で、入院先を探したり、帰宅準備を進めたりといったことが可能になってきます。

当センターといたしましては、問題解決にあたり、親と子の双方が家庭内暴力の背景を理解した上で、積極的に移動に協力していただくことが大切であると考えています。

どうか悩まれる前に、専門機関を頼ってみてはいかがでしょうか。