パーソナリティ障害を支援する専門機関です。

ブログ

訪問支援で大切にしていること

皆さん、こんにちは。 当センターでは、当事者であるお子さんが医療機関へ入院中であったり、病識が全くなく、医療機関や社会自立支援施設などに行きたがらない場合に、ご自宅へ出張訪問をさせていただいております。 このプログラムを開始してから、日本全国から多くの訪問依頼があり、訪問支援を続けてまいりました。 ... 続きを読む

子どもに病識がない時の対処法

皆さん、こんにちは。 数々の問題行動を繰り返しているにもかかわらず、子ども自身に病識がまったくないというケースが非常に多く見られるようです。 少しでも「病院に行ってみない?薬飲んでみない?」などと提案するものなら、「病人扱いするんじゃない!病院に行くのは、俺(私)じゃなくて、お前たちの方だろ!」と言... 続きを読む

落ち込むときは疲れているとき

パーソナリティ障害の中でも、特に境界性パーソナリティ障害の人は、いい意味でも悪い意味でも小さな幼児に似たところがあります。 たとえば、小さな幼児は疲れたり眠くなったりすると、機嫌が悪くなってぐずり出します。 それと同じようなことが境界性パーソナリティ障害の人には見られやすいのです。 疲れたり眠りに就... 続きを読む

こうなったのはお前のせいだ!

2015年に入ってから、私たちはあるプロジェクトを立ち上げています。それは、20年以上もの臨床経験から、膨大な利用者データを統計的に処理し、その傾向を探し出すというものです。 詳しいことは、ここでは書きませんが、ご家族や本人を含めた、利用者は、一体どんなことに困っていて、当センターを利用しているのか... 続きを読む

「つながり」ってなに?

心の病を抱える方の多くには、人との「つながり」を感じられなくなってしまった方や孤独と寂しさで心の中がいっぱいになってしまった方がいます。 「つながり」を感じられず、寂しさを感じている時、特にパーソナリティ障害の人たちは、あらゆる依存対象にすがったり、過食嘔吐や自傷行為を繰り返したり、誰かにしがみつこ... 続きを読む

« 1 31 32 33 37 »
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.