パーソナリティ障害(Personality Disorder)支援において長い経験と豊富な能力を備えた臨床心理士、専属スタッフが家族の絆の再構築、本人の生きづらさの回復を支援します。

ブログ

「パーソナリティ障害は治らない」は誤解である

皆さん、こんにちは。 パーソナリティ障害について調べたことがある方なら一度は耳にしたことがあるかと思いますが、昔からパーソナリティ障害は❝治らない病気❞として語られてきました。 しかし、この表現には誤解があり、これは当時の精神科治療(主に薬物を用いたものが中心)では功を奏さなかったボーダーライン(境... 続きを読む

治すための接し方を間違えない

皆さん、こんにちは。 当センターを訪れるご家族との面談の中で、「パーソナリティ障害を抱える子ども(または配偶者)に対して、どう接したらよいのか?」という質問は多くいただきます。 その際に、施設長や担当心理士が強調してお伝えすることのひとつに、「優しさや親切だけでは治らない」という点があります。 今回... 続きを読む

増え続ける子どもの家庭内暴力

皆さん、こんにちは。 「家庭内暴力」と聞くと、夫から妻へ、親から子供へといった内容が多いと思われるかもしれませんが、子どもから親への暴力も決して少ないものではありません。 しかもその件数は年々増加の一途を辿っています。 そういったご家庭に実際に話を伺ってみると、その問題の大きさは実際に親御さんが感じ... 続きを読む

引きこもりとパーソナリティ障害

皆さん、こんにちは。 今回は、引きこもりとパーソナリティ障害の因果関係や回復への糸口について、例を挙げながら解説していきたいと思います。 因果関係 数あるタイプが存在するパーソナリティ障害ですが、そのどれにおいても引きこもりを引き起こす要因をを持っているものです。 それは、パーソナリティ障害の基本症... 続きを読む

コロナウィルス騒動の影にあるスリーパー効果とは

社会心理学の用語に「スリーパー効果」(sleeper effect)と言う現象があります。 アメリカの心理学者であるカール・ホブランド(Carl-Iver Hovland;1912-1961)によって提唱された理論です。 スリーパー効果とは、信頼性の低い情報源であるにも関わらず、時間が経過するにつれ... 続きを読む

1 2 3 37 »
PAGETOP
Copyright © パーソナリティ障害支援センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.