パーソナリティ障害(Personality Disorder)の精神科入院支援、宿泊心理ケアを提供します。

カウンセリング

  • HOME »
  • カウンセリング

パーソナリティ障害のカウンセリングには、通常のカウンセリングとは異なる点が存在します。

それは、パーソナリティ(人格、性格)という深層の課題を視野に入れたケアを展開するという点です。

その作業は、ご本人のとてもデリケートな問題(心の傷など)に触れる作業でもあるため、様々な視点を考慮して、懇切丁寧に進めることがなにより重要とされています。

丁寧なカウンセリングが特徴

丁寧なカウンセリングが、パーソナリティ障害支援の特徴となります。

とくに、いくつもの症状(不眠、情緒不安、不安症、自傷他害など)を抱える方の支援において、いきなり性格レベルの課題を扱うことは禁物です。

まずは、精神科医療(お薬)などの力をニーズに応じてうまく活用しながら、ある程度の回復を目指します。

そして、心理ケアの準備を得たところで、本格的な心理支援に進むという流れが検討されます。

仮に、それらを飛ばして急いでしまうと、ムリな支援内容をご本人さまに強いることになり、支援の中断(ドロップアウト)を余儀なくされたり、その後の症状の悪化や蔓延化を引き起こし兼ねません。

大切なことは、今の心身状態に合った回復メニューを組んでもらうことであり、ムリのない回復計画を着実に進めていくことです。

パーソナリティ障害支援のカウンセリング現場では、その全体像を踏まえて、丁寧に進めていきます。

基本理念

  • 安心、安全なカウンセリング環境が提供されること。
  • 本人のペースが守られ、真の希望にそって行われること。
  • 秘密は守られる(例外規定は除く)。
  • 「認めてもらえる」感覚を大切にする。

カウンセリングのメリット

カウンセリングでは、「自分の内面で起きていること」に気づきやすくなるというメリットがあります。その気づきは自分を成長させる重要な手がかりとなります。

気づきの例として、次のようなものがあります。

  • 今まで押し殺して来た思いや気持ち。
  • 実は傷ついていた自分の内面。
  • ずっと誰にも言えなかった思い。
  • 本当は大切にしたい欲求や希望。

人格レベルの生きにくさ

パーソナリティ障害を抱える人の生きにくさ(人格レベルの生きにくさ)には、次のようなものがあります。

  • 他人に理解されない情緒の揺れ、自己存在の悩みがある。
  • 他人や自分を信じられない悩みがある。
  • 過去の体験に深く傷ついている自分がいる。
  • 自分にとって大切な事も断念し、自暴自棄になってしまう。
  • どう生きたらいいか(何を大切にしたらいいか)がわからない。

家族支援の大切さ

パーソナリティ障害の影響に悩んでいるのはご本人さまだけではありません。ご家族もまた、混乱の渦中にあり、助け(支援)を求めていることが少なくありません。

  • わが子との接し方がわからなくなってしまった。
  • 親として、何をしてあげればいいのか…もう分からない。
  • 正直なところ、自分も心身ともに限界である。

パーソナリティ障害支援において、ご本人さま(お子さん)へのカウンセリングだけでなく、同時にご家族のカウンセリングや心のケアも重要です。

それは、ご家族の心のゆとりが、何よりもお子さんの心の成長を支える一番の資源となるからです。

 

カウンセリングのご利用はこちらから

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © 入院・宿泊心理センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.