パーソナリティ障害(Personality Disorder)の施設入所、宿泊、心理相談、心理検査、親を責める子ども、家族対応、家庭内暴力、警察沙汰、暴言暴力、精神疾患入院の相談を提供します。

施設長のご挨拶

|プロフィール

佐藤矢市 Sato Yaichi

運営施設

  • 宿泊・心理支援センター 施設長
  • 自立研修センター 施設長

運営会社

  • 株式会社JEC 統括責任者

青年期の自立サポートを開始(1991年)以来、パーソナリティ障害圏のご本人さまおよびご家族の支援活動を中心に努めています。

民間の社会自立支援機関として、ジョイフル心理相談室を開業後、さらに手厚い支援を実践するため、現在の「宿泊・心理支援センター」を開設、運営しています。当施設はパーソナリティ障害を抱えるご家族全体の社会自立に向けた支援を、宿泊支援という形で実践しています。特に、ご本人さま(お子さん)に生じる「人格レベルの生きづらさ」と、その対応に困惑するご家族という問題構造を理解しつつ、それを解消するための宿泊プログラムを実践しています。

当施設のモットー(理念)は、「対話による支援」を重視し、ご本人さまの可能性の発見に最大限の努力を傾注することです。

過去の主な講演歴はこちら

ご挨拶

はじめまして、施設長の佐藤矢市です。

 宿泊・心理支援センターは、パーソナリティ障害(人格障害)をはじめとした、各種精神疾患、家庭内暴力、長期ひきこもりなどに苦しむご本人さまと、ご家族の支援を提供する民間の社会自立支援機関です。

2000年の開設以降、境界性パーソナリティ障害(他の障害タイプを含む)の支援を中心に行い、一貫してご本人さま・ご家族の心理・社会的機能の回復を支援して参りました。

当施設は、ご家族の多様なニーズに柔軟にお応えしています。

「家族だけではどうしようもできないこと」を一緒に考え、気づき、そして成長し、また家族が安心して安全に暮らしていけるようサポートいたします。

開設理念

私は、社会自立の基本が「安心できること」にあるものと理解しています。

例えば、「見守られていること」「信じてもらえること」「気持ちを聞いてもらえること」などをご本人さまが腹の底から感じられる体験こそが、目指すべき基本だと信じています。

その視点より、”自由で保護された空間” ”自由で保護された人間関係”を継続的に提供できる支援環境を追究したく現在の施設を開設しました。

長年の臨床経験より、問題状況がどれほど困難を極めるご家庭であっても、こうした体験を継続して得られることで、ご本人さまの「精神的機能のバランスが回復する」「人格的成長が促される」などが可能になることを学んでおります。

ご本人さま自身が本当に安心できる「こころの安らぎ」を取り戻すことを目指して、日々の施設運営に努めています。

個人情報保護に関する方針

ご利用者さまのプライバシーを保護するため、当施設及び当ウェブサイトでは以下の基本方針とプライバシーポリシーを策定し、その周知と実践に努めております。

「個人情報保護に関する方針」(PDF資料)

「プライバシーポリシー」

※クリックで閲覧できます。

全国各地に対応してます TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © 人格障害者施設・宿泊心理センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.