パーソナリティ障害を支援する専門機関です。

通所型より充実する宿泊型支援とは

  • HOME »
  • 通所型より充実する宿泊型支援とは

【センター支援に関するブログ記事】

宿泊型支援通所型よりも充実するのは、宿泊型支援の方が、我々支援者にとってお子さんと向き合える時間をより多く使えるからです。つまり、支援者のペースではなく、お子さんペースで支援を進めることできるからです。

通所型の縛り

当初、私どもは、通所型の支援のみを行っておりました(2000年以前)。しかし、来談者の中には、「話をもっと聞いてもらいたい」「苦しみ(気持ちを)をちゃんとわかって欲しい」との願いを強く抱える方がいて、通所型の対応時間における限界を感じておりました。

特に、決められた時間でしか対応できない現場では、「直ぐに対応してもらえない」「時間が足らない」「話す気になっても終了時間が来てしまう」などの不便さが生じ、支援が浅い時期にはとくに、支援に対する不信感や受療動機の低下(通い続けられない)につながる実態がありました。

そこで、支援体制を大胆にも「宿泊型支援」に変えたところ、時間が劇的に増えることを実感でき、それによって宿泊者1人ひとりとじっくり向き合えることを知りました。

さらに、「いつでも聞いてもらえる」の環境が、宿泊者にとっても本人ペースで「自分を語ること」につながることも徐々に分かってきました。

その結果、お子さん達は自分のペースで、心の問題を振り返り、またそこで気づいた問題にムリなく取り組むことができると実感します。

もし、これまで通所型を経験したが、「物足りない、続かない」などの問題を抱えるお子さんには、宿泊型支援を検討して頂ければと思います。

 

宿泊型支援のページに移る

親(家族)の専用ページに戻る

ご利用、ご見学のお問い合わせに限ります TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.