パーソナリティ障害の家族支援を行う専門機関です。
ブログ

体験者の言葉

「つながり」ってなに?

心の病を抱える方の多くには、人との「つながり」を感じられなくなってしまった方や孤独と寂しさで心の中がいっぱいになってしまった方がいます。 「つながり」を感じられず、寂しさを感じている時、特にパーソナリティ障害の人たちは、あらゆる依存対象にすがったり、過食嘔吐や自傷行為を繰り返したり、誰かにしがみつこ... 続きを読む

「自分が大っ嫌い!」BPDの臨床事例から

これからご紹介するケースは、当時17歳の女性、診断名は境界性パーソナリティ障害です(個人が特定できないよう内容を一部変更してあります)。 彼女は高校時代、学校の集団の中に入ることができず不登校になってしまいました。 入ろうとしても不安が強く、次第に不登校が始まってしまったのです。 やがて「皆が自分を... 続きを読む

強迫性パーソナリティ障害者の回復プロセス

今回は、強い思い込みと完璧主義を持っていた当時20代の強迫性パーソナリティ障害男性の体験談を紹介していきたいと思います。 私が彼に出会った当初は、将来への不安が強すぎて、まさにお先真っ暗という状態で、「もう死にたい・・・」が口癖でした。 彼は、高校、大学と超エリートコースを歩み、社会人としての将来も... 続きを読む

社会復帰までのプロセス

今回は、久しぶりに体験者のことばを紹介しながら、社会復帰までのプロセスを見ていきたいと思います。 今回の体験者は、当時20代後半のうつ病・強迫性パーソナリティ障害の男性です。 彼は、当センターに入所した当初は、ポーカーフェイスで、いつも笑顔を絶やさず、誰に対しても良い子を演じていました。 しかし、そ... 続きを読む

OG卒業生のことば

今回は、OB&OG卒業生からの言葉を紹介したいと思います。今回ご紹介する卒業生は、センター入所当時20代前半の女性です。 彼女は、当センターにたどり着くまでに、数々の閉鎖病棟への強制入院を経験し、“統合失調症”と診断されていました。 パーソナリティ障害タイプ別でみれば、境界性パーソナリティ障... 続きを読む

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.