パーソナリティ障害の家族支援を行う専門機関です。
ブログ

「自分が大っ嫌い!」BPDの臨床事例から

これからご紹介するケースは、当時17歳の女性、診断名は境界性パーソナリティ障害です(個人が特定できないよう内容を一部変更してあります)。 彼女は高校時代、学校の集団の中に入ることができず不登校になってしまいました。 入ろうとしても不安が強く、次第に不登校が始まってしまったのです。 やがて「皆が自分を... 続きを読む

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.