パーソナリティ障害の家族支援を行う専門機関です。

宿泊型支援って、どういう内容?

  • HOME »
  • 宿泊型支援って、どういう内容?

【センター支援に関するブログ記事】

宿泊型支援についてのご質問をよく頂戴するので、その概要を紹介します。

宿泊型支援とは、心のケアを宿泊しながら受けられる支援サービスのことです。通所型とは異なり、宿泊型の魅力は、以下の点にあります。

  • 心のケアにより多くの時間を使えること。
  • 問題とじっくり向き合える(整理する)時間が得られること。
  • 家庭での負担から一気に解放されること(親子双方)。
  • 一人ぼっちじゃない(相談相手が居ること)。
  • “いつでも聴いてもらえる”を体験できること。
  • 本人ペースで相談できること(話したい時に話せばいいから)。
  • 各療法で学んだスキルの応用を日常的に援助してもらえる。
  • 複数の心理療法を集中的・総合的に受けられること。

宿泊支援では、お子さん一人ひとりの「私生活に近い環境」を出来る限り提供したく考えています。なぜなら、宿泊者(入居者)の「主体性(~こうありたい)を大切にすること」が宿泊型支援のテーマであるからです。

例えば、宿泊部屋の「鍵」は、宿泊者(入居者)本人に管理して頂き、自分のペースや選好を大切にして頂きたいからです(室内家具の配置や搬入も自由です)。この他、センター生活における「時間の過ごし方」(生活内容)も自己決定して頂くことがを大切にします。

ですから、「何時に何をしなければいけない」という決まり事は存在せず、代わりに「~ならやっても良い」「~やってみたい」という主体性が尊重されます(従って、食事時刻やセラピーの参加、宿泊目的といった判断もすべて自分で決めることができます)。

とは言え、「何をして過ごすか」「何のためにここに入居するか」を明確に整理している方が常ではありません。そこで、そういった人に対しては、まず「センター生活をどう有意義にできるか」の整理から始めます。具体的には、「今の生活で困っていること」「当センターに期待すること」「その期待を実現するために出来ること」などを一緒に話し合い、整理します。そして、ここでの宿泊目的(支援目的)をその理解の中に見出し、センター生活の根拠にします。

”センター生活って、どうなの?”

一方、こうした支援をお手伝いするため、当センターでは、様々な能力を持ち合わせたスタッフを常駐させております。例えば、心の相談には「臨床心理士」を配置し、福祉サービス利用(就労移行支援など)の相談には「ソーシャルワーカー」(精神保健福祉士)を配置し、また、その他の個別の活動(語学や料理、運動やストレッチ)を希望する方にも対応できるスタッフを配置しています。

こうした支援環境の中で成立する当宿泊支援は、通常の支援を嫌がるお子さんにも、好感を抱いて頂けることがこ過去の臨床経験より分かっています(自由度の低い支援環境を嫌がるお子さんにも長期生活が可能です)。

 

宿泊型支援のページに移る

親(家族)の専用ページに戻る

保護者からのお問い合わせに限ります TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.