パーソナリティ障害の家族支援を行う専門機関です。

家族だけで対応しきれないのは、なぜ?

  • HOME »
  • 家族だけで対応しきれないのは、なぜ?

はじめに

家族だけで対応しきれないのは、被害妄想の「影響」が、お子さんだけでなくご家族(親御さん側)にも及んでいると考えられるためです(お子さんへの影響は「おとなしかった子が、どうして?」ご参照)。

親御さんが受ける被害妄想の影響とは

その影響とは、お子さんのちょっとした気分変化(不機嫌、落込み)に対して「強い不安や焦り」を駆り立てられることであり、またそれを心配し続ける傾向を指します。

例えば、お子さんが不機嫌になると「また大変なことになるのでは」「早く何とかしないと」等のように、ネガティブな予感や考えが次々と頭の中に浮かんでくる状態が、これに当たります(下図参照)。

 お子さんの頑張りを見落としやすい

私たちの注意は、同時に2つ以上の事柄(作業)へ向けるのが難しいので、前述のようなネガティブな内容(心配)に注意が奪われると、反対のポジティブな内容に向けることが難しくなります(これを「注意資源の有限説」と呼びます)。

もし、見落とす情報が「お子さんなりに頑張っていること」である場合、親御さんの対応は、その理解を欠くものになるでしょう。つまり、親御さんが事態収拾を急ぐ度に、お子さんの中では「分かってもらえない」「却って苦しめられる」の体験が増えてしまうことになります(つまり、お子さんの被害体験を増やすことにつながります)。

親の心配があると被害妄想も増える

実際、被害妄想を抱えるご家族では、親の心配(上表の傾向)と被害妄想の間に「有意な正の相関関係」が示されており(φ=.52, <.001)、一方が増えると他方も増えるという「皮肉な関係」が確認されています。つまり、何とかしなければ”と親御さんが積極的に反応するほど、却って、お子さんの被害妄想は増える傾向にあることが客観的にも示されているのです。

それだけでなく、被害妄想を抱えるお子さんは、同時に複数(平均=4.3個)の問題行動も抱える傾向にあり、またその多くが被害妄想と密接に関連することも同様のデータから確認されます(下図参照)。

親は併発問題に対する警戒心を働かせている

上記のグラフからも分かるこのように、被害妄想を家庭内で抱えるということは、同時に複数の問題行動の対応に追われることも指します。特に、被害妄想と問題行動が密接に関連する傾向を踏まえると、お子さんのちょっとした気分変化(不機嫌)でさえも、ご家族にとっては深刻な問題発生のサイン(予兆)に感じられてしまうかもしれません。すると、警戒心に駆り立てられた内容にばかり注意が向くようになるので、お子さんの気持ちや頑張りに「寄り添う」ことが難しくなってしまう、或は、気づかないうちにお子さんの被害妄想を刺激しては、むしろその悪化に好都合な役割(言動)を果たしてしまうのかもしれません(下図参照)。

このように、被害妄想の影響を理解せず、ただやみくもに対応すると、親子間でお互いを傷つけ合う関係をつくり上げてしまい、頑張るほどに「状況が悪くなる」「会話が成り立たなくなる」「接し方が分からなくなる」といった悪循環の中に親子共々引きずり込まれてしまいます。

もっとラクな親子間の接し方を一緒にお探します

そこで当センターでは、こうした被害妄想の影響により上手に対処できることを支援します。具体的には、「お子さんとの接し方がもっとラクになる方法」を一緒にお探します。

例えば、お子さんなりに「頑張っていること」を本人と一緒に語り合い、明確にし、それを親子間でも共有して頂きます。こうすることで、困難な感情の中でお子さんが「深く求めているもの」を親御さんにも理解して頂くことができ、またその理解に基づく対応(言動)を工夫されることで、被害妄想の影響(警戒心)に襲われた時も「どう対応したら良いか」を明確できると考えられます。

実際、こうしたアプローチに基づく支援効果は、問題の内容や数を問わず多くのご家族に実感して頂けることを、当センターは確認しております(詳細は「わが子はきっと、変われる」ご参照)。

もし、「現状が変わらない」「問題が繰り返される」などのお悩みを持ちながら、当ホームページをご覧頂いけるのであれば、一度、当センターまでご連絡ください。我々は、お子さん(ご家族)の問題改善を本質的に支援します。

保護者からのお問い合わせに限ります TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © 株式会社JEC 人格障害研究センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.