パーソナリティ障害の家族支援を行う専門機関です。

センター長のご挨拶

  • HOME »
  • センター長のご挨拶

センター長 佐藤矢市 プロフィール

Yaichi-profile-new

臨床心理士の資格取得以来(1991年)、パーソナリティ障害の「効果的な心理療法」の研究と実践(臨床)に努めています。

臨床領域では、ジョイフル心理相談室を開業後、さらに手厚い支援の在り方を実践するため、現在の宿泊施設である「パーソナリティ障害支援センター」(「人格障害研究センター」の後身)を開設しました。また研究領域では、パーソナリティ障害を抱えるご家族の傾向を追究しています。特に、ご本人(お子さん)に生じる「人格レベルの生きづらさ」と、その対応に困惑する家族という問題構造を究明しつつ、それに特化した総合支援のプログラムを実践・研究しております。

そのモットーは、心理療法家として「対話による支援」を重視し、その可能性の発見に最大限の努力を傾注し続けることです。

現在は、当センターのほか、成人発達障害者の二次障害支援センター設立、群馬県市町村職員共済組合、民間大手数社のメンタル指定所としても活躍中です。

過去の主な講演歴はこちら

ご挨拶

はじめまして、施設長の佐藤矢市(臨床心理士)です。

株式会社JEC パーソナリティ障害支援センターは、パーソナリティ障害(人格障害)の家族支援を提供する心理機関です。

2000年の開設以降、境界性パーソナリティ障害(他の障害タイプを含む)の臨床心理学的支援を行い、一貫して当事者・家族の心理・社会的機能の回復を支援しております。

当センターは、国内でも稀な宿泊施設を完備しており、ご家族の多様なニーズに柔軟にお応えします。

家族だけでは「どうしようもできないことを」一緒に考え、気づき、そして成長していけるようサポートいたします。

開設理念

私は、心理療法の基本が「安心できること」にあるものと理解します。例えば、「見守られていること」「信じてもらえること」「気持ちを聞いてもらえること」などをご本人が腹の底から感じられる体験こそが、心理療法の目指すべき基本だと信じています。

その視点より、”自由で保護された空間” ”自由で保護された人間関係”を継続的に提供できる支援環境を追究したく現在の宿泊施設を開設しました。

臨床経験より、問題状況がどれほど困難を極める当事者であっても、こうした体験を継続して得られることで、「精神的機能のバランスが回復する」「ぐっすり眠れる」「適度な食事もできる」「人格的成長が促される」などが可能になることを学んでおります。

当事者自身が本当に安心できることを目指して、日々の施設運営に努めています。

親御さん向けブログ記事:
⇒ 宿泊型支援って、どういう内容?
⇒ 通所型より充実する宿泊型支援とは
⇒ 子どもがセンター生活に”なじめるか”心配でたまらない
⇒ 本当はもっと、親に認めてもらいたかった

 

個人情報保護に関する方針

ご利用者のプライバシーを保護するため、当センターでは以下の基本方針を策定し、その周知と実践に努めております。

「個人情報保護に関する方針」PDF資料)は、こちらをクリックすると閲覧して頂けます。

保護者からのお問い合わせに限ります TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.