パーソナリティ障害の家族支援を行う専門機関です。

特徴

当センターの特徴

人格障害研究センターの特徴は、大きく4つあります。

1.対話を大切にすること

当センターは、対話による支援を最重視します。これは、お子さんの人格的成長が人間関係(語り合い)の中で促されることを何よりも大切にするためです。

特に、自分の気持ちを「語る」作業は、あるがままの自分に触れ、それを受け入れていく作業につながります。つまり、自分らしさを「探求する/回復する」作業ともいえます。

しかし、多くのお子さんは、正直な気持ち(ホンネ)を上手く表現できない傾向をもち、同時に理想や義務的な考えばかりを追及しながら苦しまれる傾向にあります。

そこで当センターは、お子さんが自らの気持ちを表現できる場の提供を目指して、専門家(臨床心理士、精神保健福祉士)の配置はもちろん、当事者同士や先輩方(OB・OG)、各担当スタッフとの日常交流を積極的に用います。

2.開放的な施設環境

安心した日常生活を送って頂くため、当センターは開放的な施設運営に努めております。それは、共同スペースの雰囲気づくり(食堂、多目的部屋、運動場など)であったり、自室の利用方法であったり(鍵の自己管理、家具配置のアレンジが可能であるなど)、生活リズムの自由さ(就寝・起床時刻、食事時刻などはありません)、各種プログラムの自由参加(参加したい時にしたい活動をする等)であったりします。

日常レベルに近い環境や活動で生活できるからこそ、正直な気持ちを表現でき、それに基づく自己理解を深めることが可能となります。

拘束や制限を用いた支援方法に限界を感じられるご家族には、一度、当センターの宿泊施設をご見学ください。

3.私設機関の柔軟さ

当センターは私設機関(民間の施設)です。従って、公的医療保険はご利用できません(すべて自費負担となります)。
しかし、民間施設ならではの利点を発揮し、ご家族様の個別ニーズに積極的に応じることができます。たとえば、これまでに多くの困難な要請(要望)に応じてきた実績がございます(過去の臨床例をご参照)。抱えているご要望について「これでは受け入れてもらえないかも…?」と思われても、一度、当センターまでお問い合わせください。当センターは、柔軟な支援計画の提供が可能であると信じております。

過去の臨床例(一部事例の表示):

  • 執行猶予中のご当事者の身元引受人としてお引き受けしました。
  • 児童虐待の疑われたお母様の心理的回復と支援をお引き受けしました。
  • 海外在住のご当事者宅までお迎えに行き、入所支援をお引き受けしました。
  • 病識の低いお子様の入所前支援を専門的にお引き受けしました。
  • 入所期間中の高校卒業資格取得をご支援しました。
  • 当センターからアルバイトに通う生活支援をお引き受けしました。

4.社会復帰に関する多くの支援実績

当センターの支援目標は、お子さんの社会復帰までをお手伝いすることです。それを目標とされるお子さん(ご家族)には、長期支援(半年~1年以上)も可能としています。例えば、宿泊支援の後、通所支援(周辺のアパート生活)に移行しながら、就労支援(心理面接、卒業生との意見交換など)を利用される方もいらっしゃいます。

  • 職場の人間関係のご相談。
  • 進路や就学のご相談。
  • 恋愛関係、友人関係などのご相談。

社会的自立の実現には、より実践的な課題の対処が求められます。そこで当センターは、就労生活で直面される実際の困難等をお子さんと一緒に考え、その対処方法を探求することに努めております。

保護者からのお問い合わせに限ります TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.