パーソナリティ障害の家族支援を行う専門機関です。

セラピー紹介

  • HOME »
  • セラピー紹介

当センターのセラピー(心理支援プログラム)は、4つの領域から構成されます(下図参照)。

これら4つのプログラムは、お子さん、親御さんの親子関係を成長させ、被害妄想に対処できる家族機能の回復を支援します。

各プログラムの詳細は、以下の通りです。

家族療法

家族療法は、家族システムに精通する当センターの臨床心理士が、親子間の会話に直接的に介入し、両者間の交流を調節したり、より安全な交流場面やタイミングの判断などを支援します。

被害妄想を抱えるお子さんは、親御さん(周囲)に対する「偏った考え方」に苦しまれる傾向にあります(「おとなしかった子が、どうして?」ご参照ください)。そこで、自分の中の思い込み(被害妄想)をお子さん自身が気づけるようになる機会を意図して、親御さんの「率直な意見」を積極的に用います。また、後述する個人療法(精神分析療法、マインドフルネス)の効果と併せると、「わが子を苦しめているものとは」「その対処のコツとは」の理解を親御さんにも深めて頂くことができると考えられます。

家族支援の導入判断は、以下のような点です。

  • お子さんによる暴力や他害行為、自傷行為等がある程度、落ち着いていること。
  • 相手に「伝えたいことの真意」が自分の中で明確になっていること。
  • 何のために話をするか」の目的が明確になっていること。

家族支援の効果として、以下のような点が期待されます。

  • 見落としていた「相手の気持ち」が理解しやすくなること。
  • 「大事な決断」に向けて、じっくりと話す時間が持てること。
  • 対話を継続することができること

精神分析療法

精神分析療法は、主にお子さんを対象に行われます。このプログラムでは、自分を語る」ことを方法に用いた心理療法です。

その目的は、無意識レベルの自己理解を含み、「自分を苦しめるもの正体」(空回り=被害妄想など)を理解したり、「本当に自分が求めているものとは」「怖れているものとは」などを理解することです。

精神分析療法の効果として、以下のような点が期待されます。

  • 知らないうちに傷ついていた気持ち等に気づけること。
  • 満たしてもらえなかった感情的欲求に気づけること。
  • 自分を突き動かしていた正体が理解できること。
  • これから自分はどう生きて行きたいかを冷静に考えられること。

マインドフルネス・トレーニング

マインドフルネスもまた、お子さんを対象に行われます。このプログラムでは、自分の中の空回り(被害妄想など)から「抜け出すためのスキル」を実身につけて頂きます。

具体的には、「距離を置くスキル」(マインドフルネス)と呼ばれる新たな心の使い方を実践的に学ぶことができです。

被害妄想をはじめとする性格的特性(思考-感情の悪循環)は、その正体を明確にするだけでは不十分であり、それ以上に、その問題に自力で対処できる能力の育成が求められます。

そのためには、例えば、被害妄想の発生に対して、①その発生の瞬間に気づけること、②気づいた後にそこから距離を置けること、③不快感覚(被害妄想に伴う)を持ちながらも目の前の活動に注意を集中できることなど、の一連のスキル実践の習得が求められます。

そこで、こうしたスキルの習得を目指し、マインドフルネスに精通したトレーナー(臨床心理士)が、お子さんと一緒にその練習に取り組みます。

また、当プログラムの導入判断は、精神分析療法の効果(前述)と併せて検討することで、より安定した効果を狙うことができます。

集団療法

集団療法は、前述2つのプログラム(精神分析療法、マインドフルネス)の効果をさらに実践的に身につけることを目的としたプログラムです

具体的には、実際の対人交流の場で感じる様々な体験(思考・感情・身体的反応)について、精神分析療法やマインドフルネスで習得した知識・スキルの応用が可能かどうかを試します。

もし、応用の効果を実感できれば、その実践を継続して頂きます。一方、応用の効果を十分に感じられない場合でも、当センターは問題となる部分をお子さんと一緒に考え、対処の仕方を探るための精神分析療法やマインドフルネスを継続的に支援します。

集団療法の内容は以下の点があります。

  • 集団での食事。
  • スポーツ交流。
  • 音楽交流。
  • 外出。

保護者からのお問い合わせに限ります TEL 0274-62-8826 受付時間 9:00 - 20:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © 株式会社JEC 人格障害研究センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.